バンダナがお洒落アイテムになってますね

バンダナの利用価値は高まっています

今年のファッションの流行といえばバンダナです。

 

バンダナを首に巻くのは昔から定番であり、空港のCAさんのイメージが強いと思います。CAさんはバンダナではなくスカーフですが、最近はバンダナやスカーフをカジュアルに巻くスタイルが流行っています。

 

 

 

首に巻くのが定番で、CAさんの様にきっちりきれいめに結ぶのではなく、あくまでラフにだらりと垂らす感じで巻くのが旬です。

 

 

 

バンダナだとカジュアルになるので、ワンピースやきれいめの格好にあえて外してバンダナを巻くとオシャレです。

 

 

スカーフだときれいめなので、ジーンズなどカジュアルな格好の際にシルクの様な光沢感のあるスカーフを巻くと、カジュアルときれいめがミックスされてこなれ感が出ます。と、ここまではファッション誌やSNSの情報なであり、これは私も真似するしかないと勉強しました。

 

 

 

とにかくスカーフやバンダナを入手しなければいけません。スカーフはネットでも安く手に入るし、ショッピングモールでも沢山の種類が出回っています。

 

 

 

まず初心者でも使いやすいリボンタイプのスカーフと、正方形の大判スカーフをGetしました。そしてバンダナですが、これまた安く購入できます。100均でも売ってるくらいなので、人気の程が伺えます。お値打ちに100均でバンダナを購入しようと思ったものの、ふと考えると、十数年以上前の高校生の頃ヘアアクセでバンダナが大流行りした事を思い出しました。

 

 

 

一つ結びにバンダナを巻いたり、ポニーテールにバンダナを巻いたり。とにかく赤やネイビー、白などのバンダナが流行しました。流行が終わった後のバンダナの用途は、お弁当をつつむ布巾になっていました。このサイズ感が丁度良くて、とても重宝した思い出があります。

 

 

 

そのまま捨てずとっておいた甲斐があり、今の時期になってまさかのお目見えです。色とりどりのバンダナとスカーフがお値打ちに入手でき、今からどのようにバンダナを使おうか考え中です。そして今のところ一番ヘビロテしているのは、リボンタイプの棒状スカーフです。

 

 

 

 

正方形ではなくリボンの様に細いので、首元に付けるだけでなくヘアアクセとしてアレンジの幅が広がります。髪の毛や首元をスカーフで飾るのも良いですが、ブレスレットの要領で手首に巻き付けるのもカッコいいです。これも正方形のスカーフよりリボンタイプのスカーフの方が結びやすいので、とてもお便利です。

 

 

 

最近ではトートバッグの持ち手にリボン状のスカーフを結び、トートバッグの変化を楽しんでいます。この夏はカゴバッグにバンダナを巻いてみたいな。

 

 

それにしてもまさか高校生時代のバンダナが使えるとは・・・毎年断捨離リストに入っていたバンダナだったけど、この時ばかりは捨てなくて良かったと思いました。